治療の流れについて

たとえ安全性の高い治療とはいわれていても、実際に治療を受けるまでは緊張するという方もいるでしょう。そこで、東京でレーシック治療を受けようと考えている方のため、治療の流れを簡単にご紹介します。
まず最初に行うのはカウンセリングです。これはレーシックだけでなくどの治療を受ける際もいえることですが、まずは医師とカウンセリングを行う必要があります。
このときに、自身の要望や抱えている悩みや不安、また疑問や問題点があればすべて確認することができます。レーシック治療にはいくつか種類があるので、自身に適したものを選ばなくてはなりません。
また、治療にかかる費用も種類やクリニックによって異なるので、カウンセリングの時点で予算についても相談しておくとよいでしょう。
カウンセリングを終えたら、次は適応検査を行います。治療では網膜にレーザーを照射するので、ここの異常があると治療によってトラブルが起こる可能性が出てきます。
そのため、まずは検査を受けて治療を受けられる状態かどうかを確認します。
検査まで終えたら、あらかじめ予約しておいた日に手術を行います。レーシック治療を受ける際は事前に目の洗浄をして、麻酔を行います。よって、痛みに敏感な方でも安心です。


手術後は点眼薬を使用しつつ、できるだけ目を労るようにするのがおすすめです。また、目のトラブルを防ぐためにも必ず定期的な検診を受けましょう。
以上が、東京でレーシック治療を受ける際の流れになります。これは東京だけでなく、東京以外で治療を受けるときにもいえることです。
なお、前述したように具体的な流れはクリニックにより異なるため、あらかじめ確認しておく必要があります。
流れを把握し、スムーズに治療を進めましょう。